画像解析に関する利用許諾

本ソフトウェアでは、写真を独自のカテゴリ化するに際し、写真のサムネイルを元に画像情報を解析することで高度な分類が行うことができるように調整しています。
画像解析や文字解析を利用しないでも本ソフトウェアは利用することができますが、本ソフトウェアの性能が十二分に発揮されません。
写真に記録されている付属情報(撮影日時、位置情報)、サムネイル画像を取り出しJSバックアップフォトサーバに送られて処理されます。

取得した情報は、本ソフトウェアでは以下の内容で利用しています。
画像の200ビクセル程度に縮小したサムネイル画像から、およそ何を撮影したのか判断します。また、看板などの日本語文字は認識され、イベント情報などを判断します。
Google Places APIを利用し、近隣の建物などを調査しています。
撮影した場所と写真や動画のグルーピングに利用しています。
また、本ソフトウェア起動した初回だけ、居住国を判定するためにも位置情報を取得します。


■ 設定を変更するには? ■

当社では、ユーザの皆様に事前の承諾を得ることで位置情報を取得および送信する仕組み(オプトイン方式)を採用しております。
途中で設定を変更されたい方は、起動直後の画面からメニューボタンを押して設定画面を呼び出します。この設定画面の詳細設定に画像解析の設定を変更することで、画像解析を行うか中止するか変更することができます。


■ 画像解析の利用 ■
当社では本ソフトウェアで写真および動画のカテゴリ化を行う場合にのみ、画像解析を利用します。それ以外の用途では一切利用致しません。
画像解析には、Microsoft社製の顔認識エンジンおよびNTTドコモ社製の画像認識エンジンを利用しています。画像解析を行った結果はMicrosoft社およびNTTドコモ社に提供され、画像解析技術の改善や向上のためにのみ利用され、その他の目的で利用されることはありません。


2017年12月18日

« トップページへ戻る