位置情報取得に関する利用許諾

本ソフトウェアでは、写真を独自のカテゴリ化するに際し、写真毎の位置情報を活用することで高度な分類が行うことができるように調整しています。
位置情報を利用しないでも本ソフトウェアは利用することができますが、本ソフトウェアの性能が十二分に発揮されません。
写真や動画を撮影した際、Googleの標準提供されている機能を利用して、GPS情報あるいは基地局またはWiFiスポットなどから位置情報を取得します。取得した位置情報は本ソフトウェアので保管され、JSバックアップ実行時に取り出されてJSバックアップフォトーサーバ(以下、フォトサーバと呼ぶ)に送られて処理されます。

取得した位置情報は、本ソフトウェアでは以下の内容で利用しています。
住んでいる場所や旅行しているかを判断します。これらは、基本的に端末内部で判定しフォトサーバに送信するデータは結果のみとしています。
Google Places APIを利用し、近隣の建物などを調査しています。
Yahoo!リバースジオコーダ APIを利用し、旅行と判断された最も遠い地点の国、都道府県名を取得します。当処理は端末で全て処理されます。
撮影した場所と写真や動画のグルーピングに利用しています。
また、本ソフトウェア起動した初回だけ、居住国を判定するためにも位置情報を取得します。


■ 設定を変更するには? ■

当社では、ユーザの皆様に事前の承諾を得ることで位置情報を取得および送信する仕組み(オプトイン方式)を採用しております。
途中で設定を変更されたい方は、起動直後の画面からメニューボタンを押して設定画面を呼び出します。この設定画面の詳細設定に位置情報の設定を変更することで、位置情報の取得を変更することができます。
位置情報の設定を「OFF」にすることで、フォトサーバから位置情報のデータを削除することができます。


■ 位置情報の利用 ■
当社では本ソフトウェアで写真および動画の分類を行う場合や、フォトアルバム作成における旅行推定に位置情報を利用します。それ以外の用途では一切利用致しません。


2017年12月18日

« トップページへ戻る